板藍根

ばんらんこん ダイセイヨウ

 

板藍根とは

 

名の通り根っこです。

 

板藍根(ばんらんこん)/ほそばたいせい(細葉大青)

味:苦  性:寒  帰経:心・胃・肺  効能:清熱涼血・解毒

 

アブラナ科のホソバタイセイ(㊥ 菘藍 Isatis tinctoria)やタイセイ(㊥ 草大青 I. Indigotica)、キツネゴマ科のリュウキュウアイ(㊥ 馬藍 Storobilanthes flaccidifo-lius)の根茎および根を用いる。

これらの葉や枝葉は大青葉(たいせいよう)、精製された藍色の色素は青黛(せいたい)として生薬に用いられる。ホソバタイセイはヨーロッパや南西アジアが、タイセイは中国が原産とされている。これらの植物はインジゴを含み、古くから世界各地で藍色の染料として用いられた。植物に含まれるインジカンは、発酵されることにより加水分解されてインドキシルとなり、さらに空気による酸化を受けインジゴとなる。薬理学的には抗菌作用、抗ウイルス作用が認められている。

漢方では、清熱涼血・解毒の効能があり、高熱や発疹、咽喉痛を伴うような感染性熱性疾患、脳炎、髄膜炎、丹毒、肺炎、耳下腺炎などの用いる。顔面の丹毒や腫れ物、中耳炎、耳下腺炎などで高熱と見られるときには黄芩・黄連などと配合する(普済消毒飲)。

 

近年、中国でのSARS騒動の時には、予防と治療に大活躍しました。品切れにもなりました。

 

 

板藍根の主な働き

次のような作用が認められています。

 

● 抗ウイルス作用

  ウイルス感染や、体内での増殖を抑える働き。

 

抗菌作用

  細菌感染や、体内での増殖を抑える働き。

 

免疫増強作用

  からだの免疫力を強くする働き。

 

解熱消炎作用

  熱を下げる働きと、痛みや腫れなどの症状

 (炎症)を抑える働き。

 

 

板藍根の使い方

中国では、風邪やインフルエンザの予防や、発熱やのどの痛みなどの症状に、煎じ液をお薬代わりに飲むなどの方法で、広く利用されています。

また、煎じ液でうがいをすることもウイルスや最近の感染予防に役立ちます。

 

大青葉

 

大青葉とは

 

名の通り葉っぱです。

 

大青葉(たいせいよう)/ほそばたいせい(細葉大青)

味:苦  性:寒  帰経:心・胃・肺

効能:清熱涼血・解毒

 

クマツヅラ科のマキバクサザ(㊥ 路辺青 Clerodendron cyrtophyllum)、タデ科のアイ(㊥ 蔘藍 Polygonum tinctorium)、アブラナ科のホソバタイセイ(㊥ 菘藍 Isatistinctoria)やタイセイ(㊥ 草大青 I. Indigotica)、キツネゴマ科のリュウキュウアイ(㊥ 馬藍 Storobilanthes flaccidifolius)の根茎および根を用いる。マキバクサギの根は大青葉(たいせいこん)、ホソバタイセイやタイセイ、リュウキュウアイなどの根は板藍根(ばんらんこん)、アイの果実は藍実(らんじつ)という。

これらから精製された藍色の色素は青黛(せいたい)という。いずれも藍染の原料として来られているが、科学染料の出現とともに栽培がすたれてきている。

成分には配糖体のインジカンがほぼ共通して含まれて、校訓作用、抗ウイルス作用が認められている。

漢方では清熱涼血・解毒の効能があり、高熱や発疹などを伴う感染症、たとえば麻疹、流感、肝炎、脳炎、急性腸炎、肺炎、丹毒などの疾患に用いる。感冒で高熱、頭痛、咽喉痛などのみられるときには羗活(きょうかつ)・柴胡などと配合する(清瘟解毒丸)。上気道炎や扁桃炎などには板藍根・草河車などと配合する(感冒退熱冲剤)。→青黛・板藍根